drops*

ことばの雫





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





笑顔のタネ

元気のタネは
そこ、ここに。

ほら 落ちてる

あたしは 今日
お風呂の中で見つけたよ
ふうーって 息はいたら
浮かんでた
そっと 両の手の平ですくってみたよ
ぽちん 小さなタネだけど
ちゃーんと あった

優しい言葉の隅っこに
笑顔の目だまの 奥おくに

ほら 落ちてる

ね? 落ちてる





posted by ai 23:05comments(8)trackbacks(1)





風が吹けば

世界を覆う 灰色の雲
ざわめく 緑
しなる 枝

いっそ 降らせて
無数の雫
滝のように 涙のように


胸のなかにまで
忍び込む雲
息が 止まりそう

いっそ
泣いてしまおうか

ふと 足元で
揺れる
小さな撫子

雲はいつか晴れるさ と
小さく笑った


風を待とう ゆっくりと



posted by ai 21:27comments(0)trackbacks(0)





おとなだけど

わかってるけどさ

オトナだけどさ

なんだか

ただ無力になっちゃって

なんだか

ちっさな自分を思い出したりして

じたばたと

ジダンダ踏みたいときもある

おでかけに

わざと ガキンチョみたいバックを持ってみて。

だけど

オトナだからね

貝殻のカケラとひきかえ

ルージュと手鏡

それと

ジダンダのかわりに

小さな溜息いれてみる



オトナだけどさ

オトナだからね
posted by ai 21:24comments(0)trackbacks(0)





あたしへ

少し たちどまって

はい 息を吐いてー。

だいじょうぶ?

あたしが あたしが あたしが って なってない?


あたしが こんなに

あたしが 思ってるのに

あなたは なんで

あたしが あたしが


はい 目を閉じて

想像力を働かせましょう


あたしが は 少し棚の上にあげといて

あのひとの気持ちになって

やさしい気持ちになって

ゆったりと 深呼吸 してみよう


きっと  見える

見えなかったこと


posted by ai 21:21comments(0)trackbacks(0)





王様の耳はロバの耳

ざくん ざくん 



大きな穴は 掘れたかな



ざくん ざくん 



地球の裏側まで届くくらいの

深い 深い 暗闇は 奥まで遠く



だいじょうぶかな

聞こえないかな









機械になりたい

もくもくと 働く機械に



なににもへこたれず

なににも傷つかず

なににも不安にならず



引き換えに 感動をなくしても



あたしは いいかもしれない




こころ 

が 

じゃま








さて

埋めよう



ざくん ざくん



ざくん ざくん





はい もう大丈夫



ぱん ぱん!


posted by ai 23:08comments(0)trackbacks(1)





白い夢

火照った体を

冷たいタオルケットが包んで

研ぎ澄まされた五感が悲鳴をあげる



ゆっくりと落ちていく



耳元で揺れる甘い誘惑

私を包む

柔らかな官能

反比例して霞む理性



白く白く白く

熱い体を

ただ

ますます熱く



すべてが

意味なんてなく

ただ

溶けていく



夢の中に


posted by ai 23:08comments(37)trackbacks(0)





沈黙

やさしさが

みえない



あたしの中のやさしさ



やさしいコトバも

やさしいコールも

やさしい笑いも



優しさは

易しい



だけど

易しさは

寂しい



そしたら

何も

言えなくなった



何も

言えなくなっちゃった


posted by ai 23:06comments(0)trackbacks(0)





戒め

埃のように
疲れが心を覆っていく

笑っている仮面の下で
苛々と足を踏みならす


小さな自分に嫌気がさし人の同情を買おうとする

疲れのせいにするな


所詮
それだけの人


余裕があれば
誰でも優しくなれる


いつになったら
オトナになれるのか


とりあえずは
埃を払おう

早く帰ろう
posted by ai 00:37comments(0)trackbacks(0)





いろいろ

bi-dama

緑のビー玉

ころころ


紅のビー玉

ころころ


ふたつ

ちがって


ふたつ

綺麗


どっちも

きれい
posted by ai 23:45comments(1)trackbacks(0)





ぎゅ

kazamidori

ふいに

泣きたくなる


前ぶれなく

声がよみがえって


いま

しゃがみこんだら

立てなくなる


わかってるから

あわてて

糸をはりなおす


ぴん!


posted by ai 00:36comments(0)trackbacks(0)